都心からアクセス良の永代供養納骨堂

 

1.お墓を継ぐ継承者がいない
2.子や孫にお墓のことで迷惑をかけたくない
3.家にあるご遺骨をきちんと納骨したい
4.お墓が遠方にあるので近くに移したい

 

・数ある永代供養墓の中で、常在寺の特徴としては
 特に世田谷を中心として杉並区・目黒区、
 そして狛江市・調布市、また川崎市高津区宮前区の方々に求められている傾向があります。
 これはやはり、このエリアに住んでいる方にとって近くで便利、いつでもお参りに行ける、
 ということが一番のポイントになっているものと思われます。

 

・またもう一つの特徴としては、
 常在寺の永代供養墓は最近はやりの自動搬送式(機械式)の永代供養墓ではないということです。
 お位牌壇に位牌を並べ、その後ろが納骨壇になっているだけのシンプルなものです。
 しかし、これは逆に申し上げれば、奇をてらわずまた新しさを追わず
 「お寺がきちんとご供養する」ということを大切にしているからです。
 つまり、永代供養墓とは言っても、何百年前からの変わらないご供養の方法を大切にしているからに他なりません。
 ご供養することとは関係のない業者さんが販売し運営管理するものではなく
 お寺がきちんとご供養させていただいています。

 

 

 

・お一人目が60万円、二人目以降は30万円、なのでご夫婦・ご家族で入られる方が多い。
ご夫婦の場合、お位牌は2名を1つのお位牌に名入れするので、
後の方がなくなってから7回忌まで位牌壇に並ぶのでおトク感があります。

 

・合祀墓に入るのもそのとき一緒に入れるので、合祀時にバラバラにならないのが嬉しい。

 

 

 

永代供養墓とは

 

 

永代供養墓とは
お墓参りできない人に代わって、あるいはお墓参りしてくれる人がいなくても、代わりにお寺が責任持って永代にわたって供養と管理をしてもらえるお墓です。
永代供養墓は、「えいたいくようばか」あるいは「えいたいくようぼ」と呼ばれています。

 

一般的に他の人と一緒の墓あるいは同じ納骨室(棚)に安置されることから、合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(ごうそう)墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などとも呼ばれています。

 

また個々のお寺によって、永代供養塔、倶会一処墓、永代納骨堂、生前個人墓、永代供養廟(びょう)、永代納骨廟、永遠墓など様々な名称がつけられています。

 

一般のお墓(先祖代々のお墓)との違いは
お墓参りしなくてもお寺が責任を持って永代にわたって供養と管理をしてくれる
墓石代がかからない(個人墓の場合を除く)、墓地使用料が割安になるなどで、一般のお墓と比べて料金が安い。
・ 一式料金で10万円から100万円以上と形式、納骨方法によって料金はまちまちですが、30万円から50万円ぐらいが平均と言われています。
一式料金を一度支払えば、その後管理費、お布施(お塔婆代など)寄付金など一切費用はかかりません。
・ ただし、生前申込みの場合については年会費あるいは護寺費、年間管理費を支払うかたちになっているお寺もあります。
過去の宗旨宗派は問われませんし、宗旨宗派にこだわる必要はありません。
・ 稀ですが宗派に帰依(きえ)(信仰)する、檀家になることが条件としているお寺もあります。
永代供養墓の造りは
主に以下のタイプに分かれます。
一般のお墓を大きくしたかたちで地下あるいは半地下にお骨安置用の納骨室(納骨棚)をつくり、その上に仏像、仏塔、碑などを建立したお墓
お骨安置用の納骨室(納骨棚)をつくり、その下に合祀(散骨)スペース(合祀墓)を設けたお墓
合葬墓を備えた納骨堂(建物)
一般のお墓のように個別(個人、夫婦)のお墓
さらに、納骨された人の名前などの記録として
石板の墓誌(ぼし)に刻字

過去帳に記載
墓籍簿に記載
のかたちがとられていますが、1のかたちが多いようです。

 

永代供養墓の納骨はどのようにされるのですか
永代供養墓の納骨方法は以下のような方法に分かれます。
合祀(ごうし)と言われていますが、最初から遺骨を骨壷から出して1ヵ所にまとめ土に還す(合祀墓と言われています)
ある一定期間、たとえば33回忌(お寺によって3回忌〜50回忌でまちまちです)まで、納骨壇あるいは棚に骨壷(木の箱あるいは布袋のお寺もあります)のままお骨を安置、その後合祀
お骨を分骨し、一部を一定期間あるいは永大に安置し、残りのお骨は合祀
永代供養墓は納骨後、お寺がどのように供養してくれるのですか
毎年の春彼岸、お盆、秋彼岸に合同供養を行う
年に1回あるいは毎月供養
毎年祥月命日も供養
回忌供養も供養
などお寺によってまちまちです

 

永代供養墓の費用について
永代供養墓の料金は以下のような構成で1体での一式で料金とされています。
永代供養料=永代にわたって供養してもらう費用
納骨法要のお布施
刻字料=墓誌に納骨者名などを彫る費用
永代使用料、永代管理料、納骨料は含んでいるかたちです。 また以下の様な設定をしている寺院もあります。
刻字料が別途料金
納骨法要のお布施は別途
夫婦2人で同時に申込みなど、複数体申込みの場合1体の場合より割安料金
生前申込者に対して入会費、年会費、入檀料など別途料金
永代供養墓の一式料金は、各お寺によってまちまちで、10万円という永代供養墓もあれば、100万円以上するところなどもありあます。また、最初から土に還す合祀であれば1体10万円、お骨を一定期間で安置するかたちであれば30万円〜50万円が平均的な金額と言われています。
改葬(お骨を移す)には
「遠い故郷にある古い墓地を片付けてお骨を移したい」
「先祖代々のお墓がある今のお寺とのつき合いが負担、お寺から離れたいので墓地を引き上げたい」
などでお骨を永代供養墓に移す場合の方法は下記の通りです。
今までのお墓がある市町村役場から「改葬許可申請書」をもらう

 


必要事項を記入のうえ、今までのお墓のお寺から署名、押印をもらう

 


新たに納骨する永代供養墓のお寺から「使用(納骨)許可書」をもらう

 


これらを持って今までのお墓がある市町村役場へ行き、「改葬許可証」を発行してもらう

 


今までのお墓のお寺で「魂(こん)抜き(閉魂供養、消魂供養とも言う)」(墓前で読経してもらう)をして遺骨を取り出す。墓地を整理(石材店に墓石を取り払ってもらう)する。

 


新しいお寺へ「遺骨」と「改葬許可証」を持参する。

 


永代供養墓へ納骨あるいは合祀してくれます。